ガーデンでの娘と戯れながらの草取りは一石二鳥

時にお子さんがグズる季節があって、気候が疑わしい時折しょっちゅう庭園で遊ばせます。庭園は大きくないけど、なんでが彼氏の好きなドラム缶が見て取れるので、お子さんはそれを太鼓代わりにして遊んだり、裸足で歩かせてます。裸足は健康に良いと聞いてから庭園だけ裸足で歩かせるようにしてます。お子さんも裸足はフェチみたいでテキパキ歩いて頂ける。また、あんな景色を見つつ時折伸びてくる草をゆったり取るのも面白いだ。別にすぐ無くなる草は息抜きではないけど、気持ち良くちょっとしたリラックスになるし、お子さんを見ながらなのでとってもおもしろいだ。長年は終わるけどちょいちょい吊り上げる草取りだから楽しいものです。まだまだ草取りのやれる年齢では乏しいお子さんですけど、草取りに注意を持ったら一緒に取ろうかなと考えてます。取れたときの快感を一緒に味わいたいとおもう親心だ。今は取るより口に組み込むのがおもしろいようですが、飲み込まないように気を付けていつも接してます。そんな毎日はしょっちゅう嬉しいてす。