戦争の話を調べていたら真梨子さんのエピソードを知った

戦争の話を調べていたら、歌手の高橋真梨子さんのエピソードを知りました。
高橋真梨子さんと戦争、あまり関係ないように思うのですが、両親が広島の原爆投下で被爆を受けているんですね。
お母さんの被害はそんなに大したことはなかったようなのですが、お父さんは酷く後遺症を負うようになってしまったそうです。
その影響でお父さんは働けなくなり、お母さんが夜の仕事をして生計を立てていたそうです。
それで高橋真梨子さんが子供の頃に離婚をしたそうなのですが、お母さんは夜の仕事をしながら他の男性と不倫をしたりしていたそうです。
真梨子さん的にはお父さんのことは見捨てた のに不倫 をしたことが子供心なりに許せなかったようで、母親との確執があったそうです。
もしあの戦争が起きなければ、お父さんは健康に働くことが出来てお母さんが苦労をすることはなかったのではないでしょうか。
そして不倫することもなかったはずです。
現在は和解しているようなのですが、原爆症の影響でお父さんを早くに亡くされてしまったのは本当にお気の毒になりました。ミュゼ 100円 全身 時間

手作り祭事そして、お昼ごはんは低カロリー

今日は4月の一年中に手作りの作家として、出展講じる予定の祭礼の受け付け票が届きました。その祭礼は自家製市(不要相場の自家製だけジャンル)だ。神戸市立の相楽園という近辺で得る祭礼だ。出展者の仲間数は約100仲間だそうです。神戸市が発刊やるアピールにも掲載される)祭礼で、自家製作びいきの者が模倣品以外の産物に関しては、風土にアクセントの自家製作を求めて足を運んでくれます。僕は、前回の祭礼で、最高売れづらい、すみの最高扉口から遠い近辺だったにも関わらず、作の随分総額の高い手作りのTシャツを一枚買ってもらえました。一枚購入してもらえれば、出展料金がぺいできて、それ以上に利益がでるのでいいかっていう知覚でした。でも、車代を考えるとそうでもありませんでした。次回はぐっと販売のいらっしゃる近辺があたればいいなと思います。
 そして、今日の昼食は、いつもの高カロリーなランチではなく、低カロリーな朝飯と通じる和食でした。サトイモの煮っ時がしと、高級なちくわのマヨネーズかけと、温泉たまごをふたつに割った物と焼きトリの炊き合わせの焼きトリと白いごはんと、でした。サトイモの煮っ時がしはかむたびにさくさくして肌触りが楽しめました。風味は軽くておいしかっただ。高級なちくわのマヨネーズかけは普通のちくわ特有のにおいが無くおいしかっただ。温泉たまごをふたつに割ったものは、ふたつとも白いごはんの上にのせて、だし醤油を上記から描けて白いごはんになじませながら食べました。生のたまごのだし醤油をかけた物とは、肌触りが違っておいしかっただ。ベルタ 葉酸 販売