ブレーキ年金のネクストジェネレーションと20歳後の老後の特性はどうしてなる?

障壁年金は、障壁ヒトにとって欠かせない制度。
これが破産したら日本の福祉はおわりです。
爺さんの診査費1割動揺なんて、やめたほうがいい。
ジジババが接骨院でTAXを無駄遣いやる。
医院にもムダに行っている。ピンピンコロリやる。
マッサージを乗り越えるだけで170円ですもん、そりゃ行くわな。
接骨院なんて各駅に4つぐらいあって、どれも繁盛している。
マッサージだけで170円。そりゃ四六時中いくわな。さらに高くするしか弱い。
私の老後は、20世代帰路。亭主は68歳。自分は59歳。
いかなる生活になっているだろう。蓄えは仮にあるだろう。
何冊テキストを書いているだろう。如何なるカスタマーと付き合っておるだろう。
亭主は68歳になってもばりばりしてるとおもう。タフ健康だから。
課題は自分です。糖尿疾患などになっていなければ良いが。
20世代後を思うと、不安になる。増税が厳しくて、診査費動揺も高くて、
TAXの取り立ても厳しくなるだろう。でもそれは、少子化だから仕方ないのだ。葉酸 店