カタバミやオオバコなどの植物の訳について

花の仕事場について学習しました。カタバミ(間近食)は、カタバミ科で通称スイモノグサ(酸いタイプ草)とよばれるように、シュウ酸を含んでいて口にするとすっぱいフレーバーがする。葉、花共々詳しいと変わり、暗くなると閉じます(睡眠動き)。種子は遠くへ飛びます。オオバコ(大葉キッズ)は、オオバコ科で道ばたなど人のふみつけの多い所に生えます。5〜9月にたくさんの白い花が長い穂の後半から後へとさいていきます。また、ごはんべが速くおしべが遅く熟します。種子はお客などについて運ばれます。次はキクの友についてだ。キクの友はノゲシ、ハルジオン、ハハコグサ、エゾタンポポ、カンサイタンポポなどがあります。次は、マメの友についてだ。マメの友はレンゲソウ、カスマグサ、ミヤコグサ、カラスノエンドウなどがあります。次はナズナの友についてだ。ナズナの友は、イヌナズナ、マメグンバイナズナ、イヌガラシ、タネツケバナなどがあります。勉強して良かったです。